クレジットカードの審査に通るためにするべきこと

バナー

クレジットカードの審査に通るためにするべきこと

クレジットカードやカードローンの契約には必ず審査があります。いくらカードの契約をしたくても審査に通ることができなければ、カードを所有することはできません。

クレジットカードの審査に通るためにはいくつかのコツがあります。
まずもしすでに他のカードを持っていた場合、その利用状況も判断基準になります。

利用状況は信用情報機関に蓄積されており、2年間分の支払い状況を確認することができます。



通常引き落とし日にしっかりと支払いができていた場合、月々の利用の欄には「$マーク」が並ぶことになります。
このマークが並んでいる状態は信用情報に問題がないことを示します。

支払いに遅れがある状態では別のクレジットカードに契約することができません。



クレジットカード以外でもカードローンや、携帯代金の延滞についても注意しましょう。

ただし携帯代金は本体を一括で払っている場合には信用情報に記録はされません。割賦払いになっていると信用情報に影響を与えるのです。

この他テレビショッピングやインターネットの通販で割賦払いを利用している場合も注意しましょう。

割賦払いは月々の負担を減らすことができる支払い方法ですが、払うのを忘れてしまいがちな人や払う能力がない人は利用してはなりません。



クレジットカードの申し込みをする前に、こうした料金の延滞がないかどうかを確認しておかなくてはなりません。

1日でも延滞をしてしまうと$マークではない別の表記になってしまいますので、たった1日と侮らず支払日は守りましょう。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの審査に通るためにするべきこと All Rights Reserved.