クレジットカードの法人用と個人用の違いは?

バナー

クレジットカードの法人用と個人用の違いは?

クレジットカードには法人用のものと個人用のものがあります。

どちらも同じクレジットカードの決済機能がついたまさにクレカであることに違いはないのですが、「法人用」「個人用」とわけられているところが気になりますよね。

どちらにどんな特徴があり、個人は法人用のクレカに申し込みすることはできるのでしょうか?個人用のクレジットカードは、個人で使うことに特化したサービスと機能を備えています。

例えば特定のお店でポイント還元を多くするというサービスが付加されていたとします。
そのお店は女性ものの服屋さんでした。


法人は基本的に個人用の服は買いませんから、この特定の服屋さんでポイント還元アップと言うサービスは個人が使って初めて意味があるものであり、個人であるからこそ嬉しいサービスではないかと思います。



このように個人用クレカには個人に嬉しいサービスが付与され、契約は基本的に個人になります。

対し法人用クレジットカードは、個人事業主が事業に使うのであれば個人での契約も可能です。


個人事業主の中にはたった一人で事業を営む人もいるからです。



しかし、法人用カードは基本的に会社向けです。



出張時にホテルを取ってくれるサービスや飛行機などの搭乗券の予約をフォローしてくれるサービスなど、まさに法人が使って嬉しいサービスが特典として付与されています。
個人でも嬉しいものではあるのですが、あくまで会社用に特化し、個人事業主や会社が契約して使うことが前提となっています。

Copyright (C) 2017 クレジットカードの法人用と個人用の違いは? All Rights Reserved.