ローン支払い中のクレジットカード発行の注意点

バナー

ローン支払い中のクレジットカード発行の注意点

ローンを支払い中に新規でクレジットカードの発行を申し込むと審査に通らない場合があります。

ローンを組んでも支払いが1回でも期日に行えなかった場合は信用機関に記録されることがあるのが原因となる場合もありますし、ローンの支払いが始まって一定期間は返済の不信があるため与信で却下される場合があります。



ローンの支払いが始まって返済が毎月しっかり行っている事が理解してもらえるまで待った方が得になります。クレジットカードは1回だけ審査に通らない場合でも半年前後は信用機関で情報を保持する規則になっていますので、下手にあちこちに発行を依頼するのは控えた方が良いです。



またローンの場合は完済後の1年間は情報が残る仕組みになっています。
完済した翌日にクレジットカードが作れる保証はありませんので注意が必要です。

ローン期間が5年として、その1年目に偶然に手違いで支払いが出来なかったとしても約5年間は情報が保持されます。

つまり完済日の翌日は6年目なので規則でローン記録は残っているので審査に影響を受けやすい場合があります。毎月のローン額は信用機関は把握してないので支払いや引き落としが出来た、出来なかっただけの話になります。
このような事があるのでローンを組んだ場合は少しだけでも早めに銀行口座などに入金しておく必要があり、入金だけしておけば不要な事故に遭遇する事はないに等しくなります。

まずローンを組む場合は支払いが必ず出来る回数で組むことが大切になります。



Copyright (C) 2016 ローン支払い中のクレジットカード発行の注意点 All Rights Reserved.