クレジットカードのポイント還元率は一定とは限らない

バナー

クレジットカードのポイント還元率は一定とは限らない

社会人の多くが複数枚所持していると言われているクレジットカードには、ポイント還元プログラムが付いているものが多いことはよく知られています。
一般的なポイント還元率は、利用金額の0.5%と言われているものの、中には1%を超える高還元率カードも存在しています。

最初から高還元率カードのみを保有して利用している人も少なくありません。


しかし、一般的な0.5%還元のクレジットカードであっても、利用規約やポイントプログラムを利用すると1%を超える使い方が出来ることもあるので、保有しているカードの特徴を良く理解しておくと良いでしょう。



誕生日月のみポイント5倍や、特定のモール経由でオンラインショッピングを行うとボーナスポイントが付くこともあります。



メインで利用するカードには、高還元率なクレジットカードを用意するとしても、サブカードには個性的なカードを持っていれば、更に特典を上手に組み合わせて受けられます。

意外と気がつかないポイントプログラムには、前年度の利用金額が50万円以上でポイント還元率1.5倍、100万円以上利用すればポイント還元率2倍といったクレジットカードもあります。



誕生月が5倍となる特典と組み合わせれば、高還元率と言われるクレジットカードよりも実は多くの共通ポイントを得られることもあるわけです。

各社が競ってキャンペーンを行っている関係上、組み合わせについては検証されていないので、気が付いた人が得をする仕組みとなっています。

Copyright (C) 2016 クレジットカードのポイント還元率は一定とは限らない All Rights Reserved.