クレジットカードの審査

バナー

クレジットカードの審査

クレジットカードは作りたくても、すぐに発行できない場合があります。
与信の段階で通らない場合が多いです。



クレジットカードの発行を申し込むと本人の返済能力が真っ先に求められますので、与信の際に過去にカードの支払い期間に遅れがなかったか、携帯電話の支払いは毎月行っているかなどを調べられます。カードを利用して支払期限に1回でも遅れた場合は信用機関に一定期間の情報を保有されることになります。
クレジット会社は信用機関に住所や名前など入力すると過去の情報が開示されることになっています。この期間が過ぎたのなら情報は消えますので新しく与信をかけることが可能になりますが、この期間内に携帯電話の支払いが期日中に行えていない場合は情報は残ったままになります。



この事からクレジットカードの発行をスムーズに行いたい場合は、まず携帯電話の支払いが遅れないように注意することから始まります。また半年以内に与信をかけて発行に至らない場合も記録に残っています。
審査に通りやすいように年収等を上乗せしても過去の履歴と相違点が出てくるため、結局は審査に通ることはありません。



虚偽の申告になるので著しい上乗せは永遠に履歴が消えない、消せない場合があります。


これは自己破産された方にも同じ事が言えます。

どうしてもクレジットカードの発行が必要な場合は時間が過ぎるのを待つしか方法がありません。

焦る気持ちもわかりますが、時間が過ぎれば何事もなく情報は消えますのでお待ちください。

Copyright (C) 2016 クレジットカードの審査 All Rights Reserved.