クレジットカードが使えるのは信用があるから

バナー

クレジットカードが使えるのは信用があるから

クレジットカードが使えるのは信用があるからです。
ですから、クレジットカードには信用の審査があり、信用して大丈夫かを吟味する工程があるのです。


これはカードを作るときだけではなく、カード会社が小売店と契約をするときにもいえることです。



クレジットカードは商品の代金をカード会社を経由して払うというシステムになりますから、小売店は信用が出来ないカード会社とは契約をしないということにもなるのです。


カードは代金を後払いするシステムですから、信用していなければ、本当にお金が振り込まれるのか不安ということになります。


ですから、カードのシステムが成り立っているのは顧客とカード会社、カード会社と小売店の信用が成り立っているからということになります。
この信用は単にお金の振り込みということだけではありません。



カード会社は小売店に契約を維持してもらうために、多くの顧客をえるという至上命題があり、これを遂行しなければならないということがあります。



そのため、カード会社は契約後もカードの利用者を増やすよう努力をしています。
それによって新たな契約を取り付けることが出来るようにもなるからです。

また、顧客はカード会社が利用できる小売店を増やしてくれれば、それだけカードを使える機会が増えるので、その活動を期待するということにもなっています。

この信用によるつながりは、双方がウィンウィンの関係となるよう努力を続けるということが前提となっているわけです。

Copyright (C) 2017 クレジットカードが使えるのは信用があるから All Rights Reserved.